スマートコミュニティ、スマートシティ事例紹介

仕事
Qちゃん
Qちゃん

おはようございます、こんにちは、こんばんは

Qちゃんです。

前回、5Gの技術革新をご紹介しました、それに引き続いて5Gの技術を使ったスマートコミュニティ、スマートシティについて書いていきたいと思います。

スマートコミュニティ、スマートシティについて

みなさんはスマートコミュニティ、スマートシティって聞いたことありますか?
スマートコミュニティはWikiペディアで以下の世に書かれています。

1.スマートシティに取り組む上での基本理念、基本原則に基づき
2.新技術や官民各種のデータを活用した市民一人一人に寄り添ったサービスの提供や、各種分野におけるマネジメントの高度化等により
3.都市や地域が抱える諸課題の解決を行い、また新たな価値を創出し続ける
4.持続可能な都市や地域

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3

実際スマートシティ、スマートコミュニティ化されている都市の事例を見ると、情報通信技術(ICT)、物のインターネット(IoT)を利用し、生活に関係するインフラのデジタル化によりデータとして収集し、分析することで都市の運営とサービスの効率化を実施し、市民の生活を豊かにする技術となっています。

アメリカの通信会社ベライゾンが既に50近くの都市と連携しスマートコミュニティ化を実施し運営を実施しています。

具体的には以下の4つの機能がすでに実用化され町の運営に貢献しています。

  • インテリジェントライト
  • 交通データサービス
  • スマートパーキング
  • インテリジェントビデオ

実際以下のWebサイトに行くと、どこの都市でどのような技術を利用して、町の効率化を実施しているか書いてあります。その名事例を今日は紹介していきたいと思います。

Smart Cities Map
Explore Verizon's Smart City Map to see where we're helping cities, counties, campuses and more transform themselves into smarter, more connected communities.

インテリジェントライト

インテリジェントライトはスマート照明でエネルギーを節約し、効率を高め、安全な環境を提供しています。

引用先はこちら

従来の街路照明は同時刻に点灯、消灯を実施していたためエネルギー効率が悪く、経済的損失が多く発生していました。インテリジェントライト化することで街路照明をネットワークに接続することで事前に設定された定義に基づき、点灯、消灯、明るさの調整をプログラム化することで、エネルギーコストの削減と住民の安全性の両方に貢献しています。

提供機能
インテリジェントライトは、エネルギー使用量と費用を削減するための持続可能で実用的かつ費用効果の高い方法です。スマート街路灯は、ライトが消えたときにすぐに知らせることで、コミュニティの生活の質と安全性の懸念に対処するのにも役立ちます。また、交通および駐車ソリューションと簡単に統合できます。

ゲインコントロール
-個別およびグループごとに、ライトのリモート操作と制御を可能にします

情報収集
-ほぼリアルタイムの通知を配信するため、ライトがいつ消えるかを常に知ることができます

コストを管理
– エネルギー/電力消費、電流、使用期間などを監視します

安全性の確保
– 居住者と訪問者が周囲の安全を感じるのに役立ちます

交通データサービス

交通データサービスはワイヤレスデータを使用して、コミュニティ全体のトラフィックフローを改善しています。

引用先はこちら

道路や交通システムの交通渋滞は人々を苛立たせるだけでなく、全国のドライバーは燃料の浪費と時間の損失で毎年数十億ドルを失っています。交通インフラをIoT化し、ネットワークに接続し、データを収集することで街を移動する方法を改善するのに役立ちます。
町中の交通インフラネットワークから収集されたストリートレベルの精度で匿名化された個人データを使用して、ライブの交通情報と履歴情報から最適な交通ルートを提供します。このソリューションは、人口移動パターンと交通パフォーマンスに関する実用的なデータを提供するため、交通量の管理と計画の方法を改善することができます。

提供機能
交通データサービスはにより適切なインテリジェンスを用意することで、より良い交通計画と対応を作成することができ、交通流の改善を実施することができます。

センサーグレードのデータ品質
-センサーデータにより交通量が通常時に対し、一致しているか?超ええているか?の解析を実施します。このデータは米国運輸省および大学により、検証されています

クラウド環境の利用
-単一のクラウド環境にデータを蓄積し、トラフィックの総量を解析します。

SaaS(Software as a Service)モデル
-設備投資やハードウェアが必要なく、柔軟でスケーラブルなソリューションを提供

フルマネージドサービス
-マネージドサービスの提供によりお客様によるサポートとメンテナンスに費やされる時間と労力を排除

スマートパーキング

スマートビデオカメラとコンピュータービジョン分析を使用して駐車スポットの占有率を追跡および監視し、最適化を可能にする完全なソリューションを提供しています。

引用先はこちら

パーキング内の街灯にスマートビデオを設置し、映像をクラウドに収集、収取した画像データの解析を実施し、パーキングシグナル、もしくはナビゲーションに空きスペースを通知することで、効率的な駐車場管理を実現しています。

提供機能
スマートパーキングソリューションのコンピュータービジョンは、コンテンツをメタデータに変換し、帯域幅を節約します。次に、このデータは、占有率、可用性、滞留時間、売上高、および使用と違反からの収益の分析を強化します。

遠隔での変更管理機能
-駐車環境の変化に応じてリモートで構成変更が可能

インテリジェント
-交通流の問題を特定し、道路網をより効率的に制御可能

補助機能
-ナビゲーションアプリと統合して、市民を駐車場に案内可能

インテリジェントビデオ

町中の監視カメラを使用して、コミュニティと住民の安全を保護します。

引用先はこちら

インテリジェントビデオスマート監視ソリューションは、ビデオデータを収集、分析、保存することで街の安全の状況認識を改善し、町全体、住民の安全を保護するのに役立ちます。アーカイブされた監視カメラの映像データの概要、ほぼリアルタイムでのビデオ分析、ダッシュボードの視覚化など、高度なビデオ分析を提供します。

オフィス、公園、医療センター、キャンパス、公益事業、建設現場、橋など、従業員やコミュニティにとって不可欠な交通量の多いエリアと同様に、運用の端にある遠隔地の人員や場所へも幅広く導入することが可能性があります。テクノロジーを活用することで街および住民の安全を保護することができます。

提供機能
インテリジェントビデオを使用すると、都市の交通量の多いエリアや交通量の少ないエリア、営業時間外の本社の内外、離れた場所にある価値の高い資産を管理している場合でも、24時間体制で重要な資産を監視できます。ストリーミング映像を手動で監視するためにかかる時間とリソースを投資することなく、すべてを閲覧することができます。

管理性を向上
-単一のインターフェースから複数のサイトを管理可能

犯罪の抑止
-最も混雑している場所や最も離れた場所で、通りや屋内を確認可能

洞察力の向上
-インテリジェントなデータの利用により、多くのデータに基づく、意思決定を行い、リソース計画の最適化が可能

迅速な拡張性
-10万台以上のカメラのサポートと他のセキュリティソリューションとの統合機能により、ソリューションを特定のニーズに適合可能

提供期間の短縮
-クラウドの利用とマネージドサービスの提供により、お客様セキュリティチームはデータの解析と最も重要なことに集中可能

より良いビジネスインテリジェンスの提供
-インテリジェンスの提供により深い洞察力と問題の調査、解決に時間を割くことが可能

おわりに

Qちゃん
Qちゃん

いかがでしたでしょうか?

昨今カーボンニュートラルとか石油資源の高騰とかいわれるなか、スマートコミュニティ化によりCO2の削減、石油資源の効率仕様が可能になります。

世の中効率的な運用ができるようになるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました